夏の雑草対策の現場【コンクリート土間打ち】|南区外構工事

夏の雑草対策の現場3回目の記事になります。

前回はアプローチに防草シートを敷き、

コンクリート土間打ちの下準備で、

枠付け・砕石均し、メッシュ配筋の施工を紹介しました。

コンクリート土間打ち

夏場は乾きが早く、スピーディーに作業を進めないといけない

コンクリートの打設工事です。

コンクリート土間打ち

コンクリート土間打ち

夏場は打設しているそばから乾いていくのであせります。。。

職人さん泣かせですね。

水平や水勾配がちゃんととれているか、

気泡がないかなど確認しながらの作業になります。

コンクリート打設

コンクリート打設

日陰の部分は水分を変えたりと調節しています。

打設後は散水しながら養生をします。

クラックや割れが起きないように急激な渇きに注意します。

境界

境界

お隣のお庭も弊社が施工しております。

少しずつグランドカバーが土を覆うようになるのを

ご希望されてプランナーの田部井が担当しました。

職人

職人

カンニングの竹山のような写真ですが

こちらは職人の松浦さん。

夏場の暑さを物語る表情ですね。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください