横浜市の民有地緑化助成事業をご存知ですか?

ご存知ない?って林先生なら言いそうですね^^

横浜市が民有地における緑化への助成内容を拡充したにもかかわらず、

助成件数が半減していたとニュースに取り上げられていました。

緑化助成、件数半減 内容拡充の横浜市は困惑 (カナロコ by 神奈川新聞) – Yahoo!ニュース

横浜市民有地緑化助成事業について適用範囲を考察

内容が気になり横浜市環境創造局の助成事業のページを確認しましたが

個人宅にも活用できるようです♪

詳しい内容は「横浜市 環境創造局 民有地における緑化の助成」をご覧ください。

特に緑の少ない鶴見区、神奈川区、西区、中区、南区においては

助成内容が手厚く、地面の植栽(高木、中木以上の樹木緑化等)も

範囲に含まれています。

個人宅で助成制度を利用するにあたり問題となってくるのは

10㎡以上という部分と公開性又は視認性のある場所というところです。

その点については
視認性の例:道路沿いやオープン空間の都市環境の向上に貢献

公開性の例:オープンガーデンを作って自慢のお庭を公開
敷地の一部を生き物に配慮した緑地にして広く一般に開放

などのようです。

これらをクリアすれば

1件につき上限500万円まで横浜市が助成してくれます。

緑化に貢献して助成制度を活用し、

経済的にも負担が軽くなりとても良いことですね!

該当エリアにお住まいの方は是非活用して

横浜市の緑化に貢献頂ければと思います。

また屋上や壁面では管理費も助成対象で

上限年間50万円の利用ができます。

その際は弊社に植栽のご相談をお願い頂けると

幸いでございますm(_ _)m


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください